精神対話士

MENU

精神対話士

メンタルケア協会が認定している資格です。

 

悩みの解決や治療をするわけではありません。相手の話を聴き対話するだけで、心の負担を軽くするのが精神対話士です。

 

年齢、職歴、学歴に制約のない資格です。

 

 

資格取得の方法

 

基礎課程、実践過程それぞれを修了後にレポートを提出。

 

その後、試験を受験して合格することで取得可能です。

 

精神対話士とは

 

心理カウンセラーの資格は多く存在していますが、主に相談者の思考の問題や心のストレスを治す目的で対話を行うことになります。ただし、なかには精神対話士と言って、話を聞くことに重点を置いた心理カウンセラーの資格の種類も存在しているのです。
精神的な悩みというと、ストレスが原因で精神的な病を発症してしまったり、考え方の歪みにより生きづらさを感じているというものが多くなっています。
ただ、生きていれば些細なことで悩んだり、不安を感じがちです。

 

周りに話す人がいないことで落ち込んでしまったり、心の苦しみを開放する手段がなく、どうしていいかわからなくなってしまう方もいます。

 

精神対話士は、心の寂しさや不安を感じている方の元に出向き、話を聞くことで心を癒す形の心理カウンセラーとなるのです
この心理カウンセラーは、精神に関する特別な知識を必要とはしません。治療者ではなく、相談者の親や友人と同じような立場で話を聞いていくこととなります。

 

また、カウンセラーの資格の種類の中でも、学歴や年齢を問わないため、主婦の方から高齢者の方までケアを行っていくことができるでしょう。

 

ただし、この心理カウンセラーは、特別な技術がいらない代わりに、相談者の心の悩みをうまく吐きだせるように誘導していかなければなりません。その意味でも、人との対話に関してのスキルがある方や、上手く話を引き出すことができる聞き上手としての才能も必要となってくるのです。

 

 

>> 心理カウンセラーになる方法とは!! << 

関連ページ

臨床心理士とは
日本臨床心理士資格認定協会が認定しているもの。資格取得後も5年ごとに更新が必要です。
精神保健福祉士とは
福祉の現場の国家資格で、PSWと呼ばれている資格。
産業カウンセラーとは
産業カウンセラー協会認定の資格で、企業で働く人たちを対象に心の援助をするカウンセラーです。
認定心理士とは
日本心理学会が認定している資格で、心理学の基礎的な知識や技能を持っている証明
学校心理士とは
学校に通う子ども、保護者、教師などに対して、学校心理学の知識のもと、心理教育的な援助を行います。
認定カウンセラーとは
日本カウンセリング学会によって認定される資格です。
家族相談士とは
日本家族心理学会と日本家族カウンセリング協会が、家族に対する心理的援助の専門団体として設けられている資格です。
交流分析士とは
現代社会では長く続く不景気や情報伝達のスピード化に伴い、価値観の多様化が進む一方で生き辛さを抱えている方も少なくありません。
心理相談員とは
中央労働災害防止協会が認定している資格です。産業医の指示に従って相談を行います。
心理判定員とは
児童相談所や重症心身障害児施設などに配置されている人の資格で、地方公務員の仕事となります。
教育カウンセラーとは
教育に関わるカウンセラーの総称として日本教育カウンセラー協会が認定している資格です。
認定カウンセラーになるには
心理カウンセラーになりたいという方にとって気になるのは、どのような勉強をしてどの資格を取れば良いかということではないでしょうか。
交流分析士になるには
心理カウンセラーといっても資格はいろいろ。その資格を一つずつ解説いたします。
家族相談士になるには
心理カウンセラーの資格の一つに、「家族相談士」といって、家族心理士・家族相談士資格認定機構により認定されるものがあります。
産業カウンセラーになるには
産業カウンセラーは心理カウンセラーに分類される資格の中では歴史の長いものであり、社会的な認知や信頼が得られているものの一つです。また必ずしも心理学を大学で履修している必要がないので
精神対話士になるには
心理カウンセラーとして精神対話士の資格を得る為にはメンタルケア協会が行う養成講座を受講する必要があります。
心理判定員になるには
心理カウンセラーの資格の一つに、心理判定員と呼ばれる資格があります。これは、児童相談書、身体障碍者更生相談所、知的障碍者更生相談所、発達障害相談支援センターなどの施設にお
応用心理士になるには
応用心理士とは心理カウンセラーの資格の一つです。個人や集団の心理学的指導に努力している人々の社会的地位を承認するための一