精神対話士

MENU

精神対話士になるには

心理カウンセラーとして精神対話士の資格を得る為にはメンタルケア協会が行う養成講座を受講する必要があります。
ですのでホームページ等で除法をまず待つ事になりますが、基礎、応用、精神対話士として活動がしたい人を対象とした面接の三種類があります。この基礎と応用の間にレポートの提出が義務付けられており、講座中に配られる問題集や資料集などに目を通し、要求された課題を仕上げて合格する必要があります。

 

合格するとメンタルケアスペシャリストの認定証が発行されることになります。この段階をクリアした後に心理カウンセラーとしての資格を持ってしっかり活動がしたいという場合には最後の面接に入る事になります。この面接に不合格になった場合でそれでももう一回トライしたいという場合は翌年の応用講座の開講を待ち、それに合格してから面接に臨む事になります。

 

心理カウンセラーの技術としては傾聴をこの資格は求められます。まずは自分の意見は脇に置いた上で、相手の気持ちに寄り添って受容、共感し、心が落ち着くまでじっくり話を聞くという事を行うのですが、養成講座の中以外でもそういった話の聞き方などを工夫してみたりすると、採用されて活動する時にもかなり変わってくるものがありますので。

 

心理カウンセラーの技術として傾聴について調べてみるなども良いですが、そういった事なども意識しながら講座を受講してみると、大きな進歩に繋がってくるものがあります。

 

 

>> 心理カウンセラーになる方法とは!! << 

 

いろいろ種類のあるこの資格。一括資料請求が便利です。こちらへどうぞ

関連ページ

臨床心理士とは
日本臨床心理士資格認定協会が認定しているもの。資格取得後も5年ごとに更新が必要です。
精神保健福祉士とは
福祉の現場の国家資格で、PSWと呼ばれている資格。
産業カウンセラーとは
産業カウンセラー協会認定の資格で、企業で働く人たちを対象に心の援助をするカウンセラーです。
認定心理士とは
日本心理学会が認定している資格で、心理学の基礎的な知識や技能を持っている証明
学校心理士とは
学校に通う子ども、保護者、教師などに対して、学校心理学の知識のもと、心理教育的な援助を行います。
認定カウンセラーとは
日本カウンセリング学会によって認定される資格です。
家族相談士とは
日本家族心理学会と日本家族カウンセリング協会が、家族に対する心理的援助の専門団体として設けられている資格です。
交流分析士とは
日本交流分析学会が認定する資格と、日本交流分析協会が認定する資格があります。
心理相談員とは
中央労働災害防止協会が認定している資格です。産業医の指示に従って相談を行います。
心理判定員とは
児童相談所や重症心身障害児施設などに配置されている人の資格で、地方公務員の仕事となります。
教育カウンセラーとは
教育に関わるカウンセラーの総称として日本教育カウンセラー協会が認定している資格です。
精神対話士とは
メンタルケア協会が認定している資格です。
認定カウンセラーになるには
心理カウンセラーになりたいという方にとって気になるのは、どのような勉強をしてどの資格を取れば良いかということではないでしょうか。
交流分析士になるには
心理カウンセラーといっても資格はいろいろ。その資格を一つずつ解説いたします。
家族相談士になるには
心理カウンセラーの資格の一つに、「家族相談士」といって、家族心理士・家族相談士資格認定機構により認定されるものがあります。
産業カウンセラーになるには
産業カウンセラーは心理カウンセラーに分類される資格の中では歴史の長いものであり、社会的な認知や信頼が得られているものの一つです。また必ずしも心理学を大学で履修している必要がないので