心理カウンセラーの種類

MENU

交流分析士になるには

現代社会では長く続く不景気や情報伝達のスピード化に伴い、価値観の多様化が進む一方で生き辛さを抱えている方も少なくありません。
繊細で気配り上手な人ほど自分の心を消耗しているという場合もあるでしょう。

 

そんな現代において注目されているのが心理カウンセラーです。アメリカでは何か起こるたびに気軽に心理カウンセラーに相談するという文化がありますが、日本では悩み事のようなネガティブなことを他人に話すことは恥ずかしいことという印象を持っている方はまだ多いのではないでしょうか。他者の気持ちを思いやる人ほど、自分の悩みは言い出せないということも多いでしょう。

 

悩み事には実はパターンがあって、そのパターンを知ることであらかじめ回避できることもあります。悩む必要がないのに思い悩んでいるということもあるのです。このように書くと簡単に解決できそうに見えがちですが、人の心はそう単純ではありません。そんな時に頼りになるのが交流分析士です

 

人の心と行動を快適にする心理学を学んだ学会認定の資格を持った専門家による心理療法を行うのです。
交流分析士の哲学に則った、協会認定の資格を付与された心理カウンセラーもいます。特徴としては傾聴の連鎖によりカウンセリングを進めていきます。

 

クライアントに寄り添い問題解決を応援するというのが基本になっています。交流分析に興味を持った方、今現在心理カウンセラーの仕事をしているけれど、もう一歩成長したいという方は講座を受講してみてはいかがでしょうか。

 

>> 心理カウンセラーになる方法とは!! << 

関連ページ

臨床心理士とは
日本臨床心理士資格認定協会が認定しているもの。資格取得後も5年ごとに更新が必要です。
精神保健福祉士とは
福祉の現場の国家資格で、PSWと呼ばれている資格。
産業カウンセラーとは
産業カウンセラー協会認定の資格で、企業で働く人たちを対象に心の援助をするカウンセラーです。
認定心理士とは
日本心理学会が認定している資格で、心理学の基礎的な知識や技能を持っている証明
学校心理士とは
学校に通う子ども、保護者、教師などに対して、学校心理学の知識のもと、心理教育的な援助を行います。
認定カウンセラーとは
日本カウンセリング学会によって認定される資格です。
家族相談士とは
日本家族心理学会と日本家族カウンセリング協会が、家族に対する心理的援助の専門団体として設けられている資格です。
交流分析士とは
日本交流分析学会が認定する資格と、日本交流分析協会が認定する資格があります。
心理相談員とは
中央労働災害防止協会が認定している資格です。産業医の指示に従って相談を行います。
心理判定員とは
児童相談所や重症心身障害児施設などに配置されている人の資格で、地方公務員の仕事となります。
教育カウンセラーとは
教育に関わるカウンセラーの総称として日本教育カウンセラー協会が認定している資格です。
精神対話士とは
メンタルケア協会が認定している資格です。
認定カウンセラーになるには
心理カウンセラーになりたいという方にとって気になるのは、どのような勉強をしてどの資格を取れば良いかということではないでしょうか。