学校心理士

MENU

学校心理士

学校に通う子ども、保護者、教師などに対して、学校心理学の知識のもと、心理教育的な援助を行います。

 

教員免許をもった教員が持っていることが多い資格です。

 

学校心理士になるには

 

日進月歩を繰り返す科学技術によって、私たちは日を追うごとに質の高い生活レベルや、医療の充実、延命などの恩恵を受けてきました。しかし企業収益や個人成績などの競争は格差社会を助長して心を患う人が増えており、心理カウンセラーの需要が非常に高まっています。
感情のコントロールは言葉でいうほど簡単なものではなく、どこかに支障をきたします。そんな大人たちを見て育った子どもたちにも伝播しないはずはなく、昔では考えられなかったような陰湿ないじめや不登校などが増え、深刻な社会問題となっています。

 

子どもは純粋であるため大人よりはるかに感受性が強く、そこへ近年頻発する大地震などの自然災害は多感な心に傷を残します。そのため専門知識を持つ心理カウンセラーによる心のケアが重要視されており、学校心理士に注目が集まっているようです。

 

これは学校心理士認定運営機構による民間資格で、取得することにより準スクールカウンセラーとして、学校で生徒の心のケアに携わることが可能になります。また資格の取得にあたり、大学院で当科目関係の単位を得る必要があるため、修学時間の確保を考慮しなければなりません。学部卒業後は専門的な実務を5年以上積むことで取得することもでき、一概にはいえませんが臨床心理士と比較すると難易度は高くないといえるでしょう。

 

しかしいずれもこれら心理カウンセラーの果たす役割は大きく、未来の宝である子どもたちを見守りケアするスペシャリストとして、今後さらなる需要が見込まれています。そして人の役に立ち、自分自身の生きがいや働きがいを探す若者たちの間でも、心理カウンセラーの道を目指す人が増えていることは、一筋の光が見えてきたといえるのではないでしょうか。

 

資格取得の方法

 

申請し審査をすることで取得できます。主に実務経験を中心とした条件が多いです。

 

申請の条件は

  • 大学院で学校心理学関係の科目の単位を修得し、修士課程・専門職学位課程を修了し、学校心理学に関する専門的実務経験を1年以上有する方(1年未満の方は、「学校心理士補」として申請できます)
  • 4年生大学卒業で学校心理学に関する専門的実務経験を5年以上有する方
  • 大学または大学院で学校心理学関係の授業を2年以上担当し、学校心理学に関する研究業績を5編以上有する方
  • 学校の管理職または教育行政職として、心理教育的援助サービスに関する指導的な役割を3年以上有する方

 

更に条件があり、それに満たした方がごとに試験内容が変わってきます。

 

諸条件についてはこちらをご覧ください。

 

 

>> 心理カウンセラーになる方法とは!! << 

関連ページ

臨床心理士とは
日本臨床心理士資格認定協会が認定しているもの。資格取得後も5年ごとに更新が必要です。
精神保健福祉士とは
福祉の現場の国家資格で、PSWと呼ばれている資格。
産業カウンセラーとは
産業カウンセラー協会認定の資格で、企業で働く人たちを対象に心の援助をするカウンセラーです。
認定心理士とは
日本心理学会が認定している資格で、心理学の基礎的な知識や技能を持っている証明
認定カウンセラーとは
日本カウンセリング学会によって認定される資格です。
家族相談士とは
日本家族心理学会と日本家族カウンセリング協会が、家族に対する心理的援助の専門団体として設けられている資格です。
交流分析士とは
日本交流分析学会が認定する資格と、日本交流分析協会が認定する資格があります。
心理相談員とは
中央労働災害防止協会が認定している資格です。産業医の指示に従って相談を行います。
心理判定員とは
児童相談所や重症心身障害児施設などに配置されている人の資格で、地方公務員の仕事となります。
教育カウンセラーとは
教育に関わるカウンセラーの総称として日本教育カウンセラー協会が認定している資格です。
精神対話士とは
メンタルケア協会が認定している資格です。
認定カウンセラーになるには
心理カウンセラーになりたいという方にとって気になるのは、どのような勉強をしてどの資格を取れば良いかということではないでしょうか。
交流分析士になるには
心理カウンセラーといっても資格はいろいろ。その資格を一つずつ解説いたします。
家族相談士になるには
心理カウンセラーの資格の一つに、「家族相談士」といって、家族心理士・家族相談士資格認定機構により認定されるものがあります。
産業カウンセラーになるには
産業カウンセラーは心理カウンセラーに分類される資格の中では歴史の長いものであり、社会的な認知や信頼が得られているものの一つです。また必ずしも心理学を大学で履修している必要がないので
精神対話士になるには
心理カウンセラーとして精神対話士の資格を得る為にはメンタルケア協会が行う養成講座を受講する必要があります。
心理判定員になるには
心理カウンセラーの資格の一つに、心理判定員と呼ばれる資格があります。これは、児童相談書、身体障碍者更生相談所、知的障碍者更生相談所、発達障害相談支援センターなどの施設にお
応用心理士になるには
応用心理士とは心理カウンセラーの資格の一つです。個人や集団の心理学的指導に努力している人々の社会的地位を承認するための一