心理判定員になるには

MENU

心理判定員になるには

心理カウンセラーの資格の一つに、心理判定員と呼ばれる資格があります。

 

これは、児童相談書、身体障碍者更生相談所、知的障碍者更生相談所、発達障害相談支援センターなどの施設において心理学の専門学学識に基づく心理判定業務に携わる職員です。

 

虐待や非行、養育の不安や発達上の問題など自動、保護者などの相談に応じ、診断面接、心理検査観察などによって児童、保護者などに対して心理診断を行います。医師や児童福祉士などの専門職員と連携しながら状況を調査し、必要に応じて保護者や子どもに心理療法やカウンセリングを行い、問題解決していきます。

 

心理判定員の専門試験分野は、一般心理学(心理学史、発達心理学、社会心理学を含む)、教育心理学、応用心理学、社会調査、統計学の勉強が必要になります。現在では大学・大学院で心理学を専攻し、心理職として採用された者を充てることが一般的です。この場合、臨床心理士資格の有無も重要視されることが多いので、高度な専門性を求められています。

 

上級(I種)地方公務員採用試験に合格することが先決で、その後、各地方自治体へ問い合わせる事です。公務員について初めて認められる職種になりますので、心理カウンセラーの中でも待遇面では比較的安定しています。

 

心理カウンセラーとしての働き方は幅広く、待遇面や働き方も仕事内容によって変わってきます。心理カウンセラーとしてどんな職場で働きたいか、どんな人とかかわってみたいかを考え、自分の好きな分野、興味関心のある分野を深く掘り下げたスペシャリストとして仕事に結びつけていくといでしょう。

 

>> 心理カウンセラーになる方法とは!! << 

 

いろいろ種類のあるこの資格。一括資料請求が便利です。こちらへどうぞ

関連ページ

臨床心理士とは
日本臨床心理士資格認定協会が認定しているもの。資格取得後も5年ごとに更新が必要です。
精神保健福祉士とは
福祉の現場の国家資格で、PSWと呼ばれている資格。
産業カウンセラーとは
産業カウンセラー協会認定の資格で、企業で働く人たちを対象に心の援助をするカウンセラーです。
認定心理士とは
日本心理学会が認定している資格で、心理学の基礎的な知識や技能を持っている証明
学校心理士とは
学校に通う子ども、保護者、教師などに対して、学校心理学の知識のもと、心理教育的な援助を行います。
認定カウンセラーとは
日本カウンセリング学会によって認定される資格です。
家族相談士とは
日本家族心理学会と日本家族カウンセリング協会が、家族に対する心理的援助の専門団体として設けられている資格です。
交流分析士とは
日本交流分析学会が認定する資格と、日本交流分析協会が認定する資格があります。
心理相談員とは
中央労働災害防止協会が認定している資格です。産業医の指示に従って相談を行います。
心理判定員とは
児童相談所や重症心身障害児施設などに配置されている人の資格で、地方公務員の仕事となります。
教育カウンセラーとは
教育に関わるカウンセラーの総称として日本教育カウンセラー協会が認定している資格です。
精神対話士とは
メンタルケア協会が認定している資格です。
認定カウンセラーになるには
心理カウンセラーになりたいという方にとって気になるのは、どのような勉強をしてどの資格を取れば良いかということではないでしょうか。
交流分析士になるには
心理カウンセラーといっても資格はいろいろ。その資格を一つずつ解説いたします。
家族相談士になるには
心理カウンセラーの資格の一つに、「家族相談士」といって、家族心理士・家族相談士資格認定機構により認定されるものがあります。
産業カウンセラーになるには
産業カウンセラーは心理カウンセラーに分類される資格の中では歴史の長いものであり、社会的な認知や信頼が得られているものの一つです。また必ずしも心理学を大学で履修している必要がないので
精神対話士になるには
心理カウンセラーとして精神対話士の資格を得る為にはメンタルケア協会が行う養成講座を受講する必要があります。