認定心理士

MENU

認定心理士

日本心理学会が認定している資格で、心理学の基礎的な知識や技能を持っている証明、つまり、大学で心理学を専攻したあかしとなるもの。

 

大学の心理学部以外で心理学を学んだ場合も証明になります。

 

ただし、この資格単独で働くのは難しいでしょう

 

資格取得の方法

 

大学、大学院の心理学または関連専攻の学科で、特定の履修することで得られます。

 

 

認定心理士になるには

 

心理カウンセラーを目指す人であれば、まず最初に意識するのが認定心理士の資格かもしれません。この資格は心理カウンセラーとしての能力を示すものではなく、大学で心理学関係科目の授業を受けて試験に合格したという事実を保証するにすぎないものです。そのため心理職として就職する以外の場面では心理学を勉強してきたということをアピールする意味で役に立つことがある場合もありますが、心理カウンセラーとして就職しようと考えた場合に役に立つものではありません。あくまでも最低限の勉強をしたという意味でしかないのです。

 

心理カウンセラーとしての就職を希望するのであれば、大学院に進学して臨床心理士の資格を取得する必要があります。それでも就職に有利ということはありません。個人的な人脈づくりと技能を磨く努力なくしては人並みの就職も難しいのが現実です。主な職場には病院や学校、公的機関がありますが、そのいずれも求人数はきわめて少なく、応募をする場合も何かしら傑出した何かがなければ選考に残るのが難しいというのが現実です。

 

それとは異なり、心理職以外で就職するのであれば認定心理士は取得するのには申請書を出すだけですので手軽です。勉強をした証明として通常の就職の際にはプラスアルファで評価される可能性は十分にあります。仕事は全てコミュニケーションが重要ですからその能力に長けていると感じてもらえるかもしれません。そのような評価が得やすいという意味で有用です。

 

 

 

>> 心理カウンセラーになる方法とは!! << 

関連ページ

臨床心理士とは
日本臨床心理士資格認定協会が認定しているもの。資格取得後も5年ごとに更新が必要です。
精神保健福祉士とは
福祉の現場の国家資格で、PSWと呼ばれている資格。
産業カウンセラーとは
産業カウンセラー協会認定の資格で、企業で働く人たちを対象に心の援助をするカウンセラーです。
学校心理士とは
学校に通う子ども、保護者、教師などに対して、学校心理学の知識のもと、心理教育的な援助を行います。
認定カウンセラーとは
日本カウンセリング学会によって認定される資格です。
家族相談士とは
日本家族心理学会と日本家族カウンセリング協会が、家族に対する心理的援助の専門団体として設けられている資格です。
交流分析士とは
日本交流分析学会が認定する資格と、日本交流分析協会が認定する資格があります。
心理相談員とは
中央労働災害防止協会が認定している資格です。産業医の指示に従って相談を行います。
心理判定員とは
児童相談所や重症心身障害児施設などに配置されている人の資格で、地方公務員の仕事となります。
教育カウンセラーとは
教育に関わるカウンセラーの総称として日本教育カウンセラー協会が認定している資格です。
精神対話士とは
メンタルケア協会が認定している資格です。
認定カウンセラーになるには
心理カウンセラーになりたいという方にとって気になるのは、どのような勉強をしてどの資格を取れば良いかということではないでしょうか。
交流分析士になるには
心理カウンセラーといっても資格はいろいろ。その資格を一つずつ解説いたします。
家族相談士になるには
心理カウンセラーの資格の一つに、「家族相談士」といって、家族心理士・家族相談士資格認定機構により認定されるものがあります。
産業カウンセラーになるには
産業カウンセラーは心理カウンセラーに分類される資格の中では歴史の長いものであり、社会的な認知や信頼が得られているものの一つです。また必ずしも心理学を大学で履修している必要がないので
精神対話士になるには
心理カウンセラーとして精神対話士の資格を得る為にはメンタルケア協会が行う養成講座を受講する必要があります。
心理判定員になるには
心理カウンセラーの資格の一つに、心理判定員と呼ばれる資格があります。これは、児童相談書、身体障碍者更生相談所、知的障碍者更生相談所、発達障害相談支援センターなどの施設にお