看護師として

MENU

看護師として患者の精神的ケアに活かす

解説イメージ

看護師の資格を取得してから心理カウンセラーの道を選ぶ人が少なからず存在しています。しかし心理カウンセラーを目指すに当たって、どちらにアイデンティティを持っているかで資格の活かし方が異なってくるでしょう。

 

つまり、心理カウンセラーの勉強をした看護スタッフとしての自分を思い描いているのか、看護師の資格を持つ心理カウンセラーを目指すのかです。

 

前者に関する資格の活かし方としては、病院の中で心理的フォローアップが必要になった時に活躍することが期待されるのではないでしょうか。最も自然な活かし方であり、他分野の技術経験を取りこんだ医療のスペシャリストとして活躍することが期待されます。

 

一方逆にアイデンティティを心理カウンセラーに持ってきた場合には中々に難しいところがあります。看護の資格は医師の指示が必要であり、折角の国家資格を活かすことが出来なくなるからです。医療知識に関しては一般人よりははるかに深い理解があると思われますが、それを十分に生かせるのはやはり病院なのです。もしも心理カウンセラーとして病院に入っていったとしても、慢性的に人手不足な病院の環境の中では2足のわらじを求められる可能性は非常に高いのではないかと考えられます。

 

そのためダブルライセンスとなる場合にはどちらの資格に主軸を置いて資格を活かしていくのかをしっかりと考えていく必要があるでしょう。病院で患者さんのためになりたいのであれば国家資格に軸を置くのが良いのかもしれません。

 

 

>> 心理カウンセラーになる方法とは!! << 


関連ページ

ボランティアの心理カウンセラーとして活動する
カウンセラーとして活躍したいときには、ボランティアにも注目してみるとよいでしょう。
開業カウンセラーになる
の理由は時間を有効的に使う事ができ、患者さんとより真剣に接する事ができるからです
大学の教員として働く
心理カウンセラーとしての資格を得ている場合、大学の教員として働くという選択肢も一つの候補として考えることができると思います。
介護士として入居者の精神的ケアに活かす
資格を持っていることで、寂しい思いをしている利用者様の心のケアを行えるようになりますので、心が不安定な方でも落ち着きを取り戻すことが可能です
教師として子どもたちの心の支えになる
子供の成長を見届けることができる、やりがいのある仕事の一つとして知られています。勉強を教えたり、さまざまな行事の活動を通じ
海外でカウンセラーとして働く
国内の医療機関だけではなく、外国の災害時に派遣を要請されたり、児童虐待などの問題を抱えている方のケアを行うことも可能になっています
女性専門のカウンセラーとして働く
特に女性は悩みを抱えこむ人が多く、女性専門に絞っても十分需要はあると言えます。
公務員として働く
公務員になったのちに挑戦する心理カウンセラーの資格として心理判定員の資格などもありますが、そういったものに挑戦
心理学の研究者として働く
研究者として大学等の研究教育機関に勤務するという方法があります。心理カウンセラーの資格を取得している場合には
心理カウンセラーの求人の現状
カウンセラーやセラピストの需要が高まっており、病院の先生なども積極的に心理学の勉強をされています。
臨床心理士以外はカウンセラーとして就職できない?
人によっては科学的ではない根拠に準じて話をする人も存在しており、文学としては共感できても教育や医学の世界では通用しない
新卒カウンセラーの就職状況
そのため年齢が若いことは本来はあまり問題にならないことではありますが、若いということは技術の未熟を示す一つの
企業の人事部での求人
そのため年齢が若いことは本来はあまり問題にならないことではありますが、若いということは技術の未熟を示す一つの
カウンセリングルームへの就職
そのため年齢が若いことは本来はあまり問題にならないことではありますが、若いということは技術の未熟を示す一つの
電話カウンセラーの求人
電話を利用したカウンセラーとして働くことで、たとえ自宅にいたとしても働けるほか、都合の良い時間帯で働くこともできるため、自由度
セラピストとして働く心理カウンセラー
電話を利用したカウンセラーとして働くことで、たとえ自宅にいたとしても働けるほか、都合の良い時間帯で働くこともできるため、自由度