資格の活かし方 セラピス

MENU

セラピストとして働く心理カウンセラー

解説イメージ

セラピストとして働く心理カウンセラーの職場としては、独立開業している個人事務所、病院、学校、企業など様々な場所がありますが基本資格として臨床心理士を持っている事が問われる場合がとても多いです。

 

これ以外では精神保健福祉士、産業カウンセラーなどが続き、他には各種の学会が認定している療法士としての有資格者である事なんかがあがります。

 

心理カウンセラーやセラピストという資格は日本ではメジャーではありません。資格商法として心理カウンセラーという名前などよく使われてしまう所があったり、医師や他のリハビリ職種、相談業などと職域が被りやすいなどの問題もありますが、公に認められて求人の対象としても見なされやすいのは前述した資格の持ち主に限定されてきてしまう所があるのです。

 

もっというならば臨時雇用としての求人ではなく、正式な採用と安定した仕事を得たいという希望があるなら、民間資格の臨床心理士ではなく精神保健福祉士の方が仕事の機会が多いという事などもあげられます。状況的にかなり厳しい面があるのです。そういった事を踏まえ、心理カウンセラーとして働きたいという事があるならまずは大学か大学院で資格を取り、仕事の紹介をしてもらえるような人脈を作る事を考える事から始めた方が確実な所があります。

 

将来的には未知数の部分も多いのですが、まずは求人に辿りつく以前にクリアしなければならない点が多数あり、それ以降でも注意した方が良い面が多いという事は確認しておいた方が良い部分です。

 

 

>> 心理カウンセラーになる方法とは!! << 


関連ページ

ボランティアの心理カウンセラーとして活動する
カウンセラーとして活躍したいときには、ボランティアにも注目してみるとよいでしょう。
開業カウンセラーになる
過度なストレスを抱え自分ではどうしようもない状態に陥ってしまうと、うつ病などを引き起こす原因になり大変危険です。
大学の教員として働く
心理カウンセラーとしての資格を得ている場合、大学の教員として働くという選択肢も一つの候補として考えることができると思います。
看護師として患者の精神的ケアに活かす
看護師の資格を取得してから心理カウンセラーの道を選ぶ人が少なからず存在しています。
介護士として入居者の精神的ケアに活かす
資格を持っていることで、寂しい思いをしている利用者様の心のケアを行えるようになりますので、心が不安定な方でも落ち着きを取り戻すことが可能です
教師として子どもたちの心の支えになる
子供の成長を見届けることができる、やりがいのある仕事の一つとして知られています。勉強を教えたり、さまざまな行事の活動を通じ
海外でカウンセラーとして働く
国内の医療機関だけではなく、外国の災害時に派遣を要請されたり、児童虐待などの問題を抱えている方のケアを行うことも可能になっています
女性専門のカウンセラーとして働く
特に女性は悩みを抱えこむ人が多く、女性専門に絞っても十分需要はあると言えます。
公務員として働く
公務員になったのちに挑戦する心理カウンセラーの資格として心理判定員の資格などもありますが、そういったものに挑戦
心理学の研究者として働く
研究者として大学等の研究教育機関に勤務するという方法があります。心理カウンセラーの資格を取得している場合には
心理カウンセラーの求人の現状
カウンセラーやセラピストの需要が高まっており、病院の先生なども積極的に心理学の勉強をされています。
臨床心理士以外はカウンセラーとして就職できない?
人によっては科学的ではない根拠に準じて話をする人も存在しており、文学としては共感できても教育や医学の世界では通用しない
新卒カウンセラーの就職状況
心理カウンセラーという仕事は技術です。そのため年齢が若いことは本来はあまり問題にならないことではありますが
企業の人事部での求人
心理カウンセラーの仕事をしたいという方の中には、企業が働くカウンセラーになりたいという方もいるのではないでしょうか。
カウンセリングルームへの就職
まず心理カウンセラーの資格に臨床心理士、精神保健福祉士、産業カウンセラーのいずれかを持っているかが最低条件として問われます。
電話カウンセラーの求人
心理カウンセラーの求人の中でも、電話カウンセラーは自宅にいながらカウンセリングできる魅力が存在しています。
学校での心理カウンセラーの役割
現代はストレス社会でもあるため非常に複雑な世の中になってきており、その影響で私たちはいろんな面で悩みや苦しみを抱えています。
病院での心理カウンセラーの仕事
昨今では心理カウンセラーの需要が大変高まってきています。
老人ホームでの心理カウンセラーの必要性
高齢化が進む日本で年々施設数と定員、在所数が大幅に増加している老人ホームの職場でも需要が高まってきており、心理カウンセラーが日々活躍しています。
裁判所での心理カウンセラーの仕事内容
その一つとして知名度が比較的高いと思われるものに、夫婦や親族間の争いなどの家庭に関する問題を審判・調停などによって解決したり、
被災地での心理カウンセラーの重要性
自然の驚異を目のあたりにすることで恐怖を感じますし、自身や親しい方の命の危険を感じることにより、心に深く大きな傷が残ってしまうのです。
民間企業で増えつつある心理カウンセラー
心理カウンセラーの職場として民間企業もあがりますが、ここで率先して活動しているのは産業カウンセラーが出てきます。
クリニックでの心理カウンセラーの働き方
老若男女問わず過度なストレスを感じている方が非常に多く、うつ病を発症するケースも少なくありません。
鑑別所での心理カウンセラーの役割とは
鑑別所には、罪を犯してしまった少年や少女が収容されているのですが、その多くが心に葛藤を持っていたり、周りの大人との関係がうまくいかず、精神的な不安定さを抱えていたりします。
民間の相談室で働く心理カウンセラーについて
現代において、精神的な心の悩みを抱える人は非常に多いものであります。
児童養護施設での心理カウンセラーの大切さ
様々な社会的・家族的あるいは経済的事情から子どもの養育が困難になってしまった家庭の子どもを引き取り育てる施設が児童養護施設です。
障害者施設での心理カウンセラーの価値
体が不自由な方については、その障害を克服するためのケアを受けながら、前向きに生きるためのトレーニングを行っているのですが、
認知を変えることで行動を変容させることを目的とした認知行動療法
心理カウンセラーと呼ばれる職業の人の中には認知行動療法という技法を用いて問題解決を導こうとする人がいます。これは近年医療や教育の分野で盛んに取り入れられている技法のひとつで、
人の悩みは出来事の受け取り方によって生み出されるとした論理療法
人の悩みは出来事の受け取り方によって生み出されるとした論理療法
自己を表現し、心理的問題を発散・解消させる箱庭療法の行い方と効果
心理療法の一つである箱庭療法は、自己を表現し、心理的問題を発散・解消させる療法として1960年代半ばから日本に導入されたものです。
患者とともに家族をも対象とする家族療法
これは、個人の精神症状や問題行動は、御家族などの関係性から生じると考え、問題の解決に焦点を当てて、本人ならびに御家族の中に既にある問題解決能力を引き出そうとする療法です。