メンタルケアカウンセラー

MENU

多様面で応用出来るメンタルケアカウンセラーの資格

現在では、うつ病の発症など心の病に悩まされたりコミュニケーション能力の不足により社会に適応出来ない人間が増加しています。
そういった問題を解決するために必要となってくるのが、カウンセリングによるメンタルケアです。
メンタルケアカウンセラーの資格とは、こうしたカウンセリングケアにより心の健康取り戻すために役立ってくれるのです。

 

この資格は、内閣府認証特定非営利活動法人の医療福祉情報実務能力協会が認定する民間資格です。
民間資格といっても、今の世の中に役立つ内容となっており決してバカにする事は出来ません。
メンタルケアカウンセラーの資格は、通学だけではなく通信講座のみでも資格を取得する事が出来ますが、資格をとったからといってそれが即カウンセラーという仕事に直結している訳では無いので注意しましょう。

 

しかしその反面メンタルケアカウンセラーの資格とは、様々な事柄に応用する事が出来るというメリットがあります。
例えば、医療関係者や教育関係の仕事に従事している人が仕事に生かすためにこの資格を取得するケースが見られます。
しかし、仕事に応用出来るのは何もこうした医療・教育関係者だけではありません。
どんな仕事であっても、メンタルケアカウンセラーの資格取得勉強の中で学ぶ心理学の基礎知識は役立つのです。

 

またメンタルケアカウンセラーの資格は、仕事面でだけ役立つ訳ではありません。
毎日の生活の中や子育てをする上でも役立ってくれるのが特徴です。

 

そしてメンタルケアカウンセラーと言うと他人の心理カウンセリングに役立つイメージがありますが、自分を客観的に分析するためにも役立ちます。
自己管理のためにも役立てていくと良いでしょう。

 

資格取得にかかる費用も通信講座ならおよそ4万円程度で学ぶ事が出来て、基礎的な内容のためそれ程難しいものではありません。
仕事との両立、育児との両立も可能ですから心理学に興味がある方はメンタルケアカウンセラーの資格取得に挑戦してみては如何でしょう。

 

>> 心理カウンセラーになる方法とは!! << 

 

いろいろ種類のあるこの資格。一括資料請求が便利です。こちらへどうぞ

関連ページ

様々な業界で活躍できるメンタカウンセラーとは
カウンセリングを行う職種というのは非常に多いですが、その中でも心理面でカウンセリングを行うのがメンタルケアカウンセラーです。このメンタルケアカウンセラーとはどのような仕事をするのでしょうか。
メンタルカウンセラー向けの人の特徴3つ
材適所という言葉がありますが、メンタルカウンセラーというのはどのような人が向いているのでしょうか。特徴的なポイントを見ていきます。いずれも人間としても成長できるかどうかが、メンタルカウンセラーには必要です。
メンタルカウンセラーの社会的地位と現実
メンタルカウンセラーとして仕事をしていく時に、どのような対応を取られていくのでしょうか。社会的地位も確認しながら紹介していきます。そこには、過酷な環境も待ち受けていることがあります。
自らの心について学び対人スキルがアップする資格です
日本人の自殺率というのは実は世界トップレベルというのをご存知でしょうか?ここ10年以上は年間3万人以上もの人が自殺をしているのが現状で、交通事故での死亡率が年間1万人であることと比較するとその3倍もの人が自ら命を絶っているということが出来るのです。