メンタルカウンセラーの現実は厳しい

MENU

メンタルカウンセラーの現実は厳しい

現実的にメンタルカウンセラーというのは仕事が厳しいです。というのも心身ともに患者と真剣に向き合っていくハードな職業となっているからです。決して患者は正常な精神を持っている人ばかりではありません。その患者が抱えている悩みなどを聞き出しながら、真剣に納得がいく治療を見出していかなければならず、メンタルカウンセラーは苦労してしまうことでしょう。

 

それでいて収入面や就労体制などを見ると、どこも恵まれていません。学校や一般企業など様々なところで活躍することになるメンタルカウンセラーですが、勤務形態を取ってみても非常勤だったり、パート型というのが大半となっています。よって、安定した収入を確保できない状況になってしまうことがあり、メンタルカウンセラーが理想的という職業ではないといえるでしょう。社会的地位を見ても、高い専門知識を持っていながら、さほど重要視されないこともあります。ただメンタルカウンセラーのニーズは高くなっていますので、ケアをするための整備をする仕事を担当することは多くなります。様々なところメンタルカウンセラーが働ける環境も整備されていくことでしょう。

 

心理関連の仕事を担当する

 

心理関係の仕事というのは医療や教育、司法そして福祉・公衆衛生など多岐に渡ります。メンタルカウンセラーは異なっている専門性のある知識やスキルを要求されていきますので、常に勉強していくことが大切になっていきます。各環境で抱えている悩みも異なっていますので、それに見合ったカウンセリングを行っていくことになります。ただ人間関係など悩みというのは複雑にねじれてしまうことがあり、解決しても再発してしまうというのが通例となってしまいます。

 

そんな中でメンタルカウンセラーは専門分野だけでなく、担当する部署に関する範囲以外の内容も把握していかなければなりません。時には同じメンタルカウンセラー同士が連携をしていきながら、抱えている問題を解決していくことになります。

 

現実的に担当する分野を決める

 

各部署で幅広い知識を習得しなければならないために、メンタルカウンセラーというのは、それぞれ専門分野を明確にしていくことが重要になっていきます。

 

ニーズは常に求められていますので、個々に専門分野を身につけていくことで、専門分野をくまなく対応できるようになっていくことになるでしょう。現実的に解決できる範囲をメンタルカウンセラーも把握することが大切になっていきます。

 

 

>> 心理カウンセラーになる方法とは!! << 

 

いろいろ種類のあるこの資格。一括資料請求が便利です。こちらへどうぞ

関連ページ

様々な業界で活躍できるメンタカウンセラーとは
カウンセリングを行う職種というのは非常に多いですが、その中でも心理面でカウンセリングを行うのがメンタルケアカウンセラーです。このメンタルケアカウンセラーとはどのような仕事をするのでしょうか。