心理カウンセラーの離職率

MENU

心理カウンセラーの離職率

心理カウンセラーという仕事は離職率が高いという事実があります。

 

離職率イメージ

 

これは心理カウンセラーの世界の求人の問題でもあり、キャリアアップのために必要なことでもあるからです。そのため離職率の高さは必ずしも良くない意味合いで語られるものではなく、必要なスキルアップのためであるという考え方も出来るのです。

 

まず心理カウンセラーとして世に出る前には勉強を行う期間が必ずあります。最も認知度の高い心理カウンセラーの資格には臨床心理士がありますが、臨床心理士の場合には大学院教育の場がそれに当たります。しかし残念ながら大学院を修了した時点では最低限の能力が備わっているに過ぎず、社会に出て一人前に通用するレベルではないのです。そのため求人があってもそれに応じるだけの十分な能力があるわけではありません。

 

そのような心理カウンセラーの選ぶことのできる資格は限られており、それを順番にこなしていくことでスキルアップを図ることになるのです。そのため転職を繰り返すことでスキルアップをする構図が出来上がるのです。離職が多いのはそのような成長モデルの結果であり、職不適応ではないのです。同じような動きは医師の世界にも見られます。医師も同じ職場にずっと勤めることは稀です。しかしそれは仕事が長続きしないからではなく、新しい仕事に挑戦することでスキルアップが図れるからです。そうして空いたポストには新しい技術者が入ります。このように人の流れがあるからこそ人材の成長が促進されるのです。

 

 

>> 心理カウンセラーになる方法とは!! << 

 

いろいろ種類のあるこの資格。一括資料請求が便利です。こちらへどうぞ

関連ページ

心理カウンセラー以外の職に就く人々
心理カウンセラーの資格を取得された方は、必ずしもカウンセラーとして活躍するわけではなく、別の職業に就き、その知識を活かしている場合も多いのです。
心理カウンセラーの資格が取れる通信講座の就職サポートについて
心理カウンセラーの資格を取得したものの、求人があるのか心配という方でも、通信講座をうまく選んでいくことにより、希望する求人を見つけられるでしょう。
上司や同僚、部下、顧客とのトラブル
仕事をしていると、悩みや問題を抱えることはめずらしくありません。どのような仕事に就いていても、必ず何かしらもの問題はつきものです。
仕事への適正の悩み
仕事をしていると、良いときもあれば悪いときもあります。仕事が順調に進んでいるときには、心配をする必要はありま
長時間労働やノルマによる悩み
生計を立てるために、仕事をしている人は少なくありません。家族のメンバーを養っていくために、
パワハラ、セクハラ、いじめ、無視による悩み
最近心理カウンセラーへの相談内容として増えてきているのがパワハラやセクハラ、無視などによるいじめなのです。社会人にもなって会社でいじめなどをして大人げないと思われますが、とても多いのです
配偶者や家族との不和
家庭における悩みを抱えている人は、全国的に少なくありません。生活の基盤ともいっても過言ではない家庭生活における悩みがあると、ストレスがたまり、その結果体調を崩してしまう人もいます。
親の介護の悩み
心理カウンセラーの資格を取った後、いろいろなことが起きると思います。そんな心理カウンセラーのあれこれを紹介します。
子育て、子どもの問題行動によるなやみ
心理カウンセラーの資格を取った後、いろいろなことが起きると思います。そんな心理カウンセラーのあれこれを紹介します。
金銭トラブル
経済的に余裕がある人は、生活をする上でお金に困ることがほとんどありませんが、経済的に苦しんでいる人は、お金に対する悩みが尽きません。
通信でとるか、スクールでとるか
心理カウンセラーになる為の勉強方法として通信講座で勉強するという方法なんかもあります。
現実療法と精神分析療法
精神的な悩みが起こる原因として、人とのかかわりなど外側から影響を受けることが関係しています
心理カウンセラーの勉強法
心理カウンセラーになる為の勉強方法としてはカウンセラーの協会主催の勉強会や講座に出る事があげられますが