勉強方法 司法分野

MENU

心理カウンセラーになるための司法分野の勉強法

解説イメージ

心理カウンセラーになる為の司法分野の勉強方法ですが、まずは公務員になる事を目指すのが一番堅実になってくるかと思います。

 

公務員の心理職として家庭裁判所調査官、法務技官、心理専門官、犯罪被害者カウンセラー、少年補導職員、少年警察指導員、警察心理職、科学捜査研究員など、プロフェッショナルとしての心理カウンセラーの腕を要求される仕事がたくさんあります。

 

他の心理カウンセラーの仕事よりも公務員である分だけ生活も格段に安定すると思います。

 

志望する人の年齢や状況にもよりますが、まだ若いというのであればこれらの職に就く事を考え、大学も犯罪心理学などに強い心理学部を選び、勉強方法としては公務員試験の対策をしている予備校に早くから通っておいたり、大学などの実習がある際は率先して出かけていくなどしていくことになってきます。

 

心理カウンセラーとしての試験の難度としては志望の大学に入る事から実習等をこなしつつ、公務員試験の勉強をして合格、後は内部での検定合格なども含めますので。他の認定資格などと比べても相当に高いものになってくるのは否めません。

 

ですがボランティアや自身の職業の延長として心理カウンセラーになり、司法分野の話を扱う事もあるという範囲ではなく、正式なプロのカウンセラーとしてやっていきたいという希望があるのでしたら、これらの条件をクリアして資格を入手する努力をしてみるというのも一つの考えといえるのではないでしょうか。

 

 

>> 心理カウンセラーになる方法とは!! << 

関連ページ

医療分野の勉強法
本格的に勉強を始めたいけど今さら医学部に入るのはちょっと無理があるという方もいるのではないでしょうか
教育分野の勉強法
学校などの教育分野では心理カウンセラーの業務の対象は児童生徒たちであると感じる人も多いのですが、実際には教職員の問題も