研究分野の勉強法

MENU

心理カウンセラーになるための研究分野の勉強法

心理カウンセラーになりたいといっても、その道はさまざまなものがあります。

 

いわゆる心理系の資格は一つではなく、多くのものがあり、その資格ごとに研究分野も勉強方法も異なり、心理カウンセラーになりたいと思う場合は、まずどんな具体的な資格があるのかを知ることです。
それから研究分野と勉強方法について考えていくことが大切なのでいくつか重要なものをピックアップしますね♪

 

取得すれば社会的ステータスが高いといわれる「臨床心理士」や、「認定心理士」「臨床発達心理士」「学校心理士」「教育カウンセラー」「音楽療法士」などがあります。

 

さらには「キャリアカウンセラー」「倫理療法士」「健康心理士」「産業カウンセラー」「家族相談士」「精神対話士」などもあります。心理カウンセラーになることは、これらの資格のどれか、あるいは全てを取得することを意味します。

 

それぞれの資格ごとに特徴があり、試験内容や仕事内容も違い、資格を取った後は、その資格を活かした分野に従事することができます。
公務員の心理職で働くこともできれば、福祉分野に従事することもできます。

 

また医療分野や教育分野での仕事、自ら開業カウンセラーを運営する道もあります。
スクール系なら、スクールカウンセラーになるという分野もあります。
心理系の資格をとるために学校に通うというのは一つの方法です。

 

大学の心理学部をはじめ、専門学校、夜間大学、短期大学、海外留学などで心理学を学ぶことができます。

 

>> 心理カウンセラーになる方法とは!! << 

 

いろいろ種類のあるこの資格。一括資料請求が便利です。こちらへどうぞ

関連ページ

医療分野の勉強法
本格的に勉強を始めたいけど今さら医学部に入るのはちょっと無理があるという方もいるのではないでしょうか
教育分野の勉強法
学校などの教育分野では心理カウンセラーの業務の対象は児童生徒たちであると感じる人も多いのですが、実際には教職員の問題も
司法分野の勉強法
心理カウンセラーになる為の司法分野の勉強方法ですが、まずは公務員になる事を目指すのが一番堅実になってくるかと思います。
福祉・公衆衛生分野の勉強法
福祉・公衆衛生分野の勉強方法ですが、一つ目はこの分野の研究に特化した大学院を探して、そこに入る事です
産業分野の勉強法
その分各種の産業問題などにも目を光らせていますから疑問があるなら接触するのが早いというわけです。資格を有していないという場合でも、協会が発行する産業カウンセラー勉強用の教科書なんかがありますので