資格取得の勉強方法

MENU

心理カウンセラーになるための福祉・公衆衛生分野の勉強法

解説イメージ

福祉・公衆衛生分野の勉強方法ですが、一つ目はこの分野の研究に特化した大学院を探して入学し勉強する方法があります。
日本では心理カウンセラーという仕事はマイナーな部類に入りますので、公の学校や病院、企業などが募集する心理カウンセラーの資格は最低臨床心理士を持っていることが大概要求されます。
よって専門の大学院で学ぶことはとても有利になることがあります。

 

二つ目の勉強方法は福祉のタイプの学校に入り、その中で産業カウンセラーなどの産業系のカウンセリングの資格を取るか、教職系を目指す人などを対象とした学会認定の心理療法士としての心理カウンセラーの資格を入手する事です。
心理カウンセラー単体で仕事の募集を探す場合は前述した様に難度がとても高くなる上、待遇も率直に言ってあまり良くありません。
しかし待遇面ではなく、キャリアとして考えた場合心理カウンセラー系の資格や研修を受けている場合はかなり役立つと思わます。

 

最終的には必要に応じて、各大学が出している福祉の出版物には定期的にしっかり目を通しておく事などが上げられます。

 

常にアンテナをはり、自分自身が仕事をする上でどんなタイプの資格が良いのかなど考えておくとよいと思います。

 

 

>> 心理カウンセラーになる方法とは!! << 

関連ページ

医療分野の勉強法
本格的に勉強を始めたいけど今さら医学部に入るのはちょっと無理があるという方もいるのではないでしょうか
教育分野の勉強法
学校などの教育分野では心理カウンセラーの業務の対象は児童生徒たちであると感じる人も多いのですが、実際には教職員の問題も
司法分野の勉強法
心理カウンセラーになる為の司法分野の勉強方法ですが、まずは公務員になる事を目指すのが一番堅実になってくるかと思います。