教育カウンセラー

MENU

教育カウンセラー

教育に関わるカウンセラーの総称として日本教育カウンセラー協会が認定している資格です。

 

カウンセリング技法や発想を用いて、学級経営や授業、三者面談、進路相談などを行えるプロフェッショナルです。資格は、初級、中級、上級の3種類があります。

 

教育カウンセラーとは

 

教育カウンセラーとは心理カウンセラー資格の一つです。初級、中級、上級と資格が分かれていますが、まずこれになるには教育カウンセラー養成講座を受講する必要があります。

 

その中で筆記と小論文の試験を受ける事になります。同時に認定申請書と自己評価票を提出する事になりますがこの総合点で合否が決定します。各コース同じ日に試験という事になりますが、基準点は各々違ってきます。ただし養成講座は日本教育心理学会認定の学校心理士、日本カウンセリング学会認定の認定カウンセラー、日本進路指導学会認定のキャリアカウンセラー、日本学校教育相談学会認定の学校カウンセラーの資格などを持っている場合は受けないで審査から入る事も可能です。

 

申請書類には今までのカウンセリングの実践歴や研修履歴、教育に関する研究歴などが精密に書いてあると評価の対象になってきます。覚えておくべき点としてはこれは他の心理学の認定と同じで免許の様にある種の権限を認められるものではありませんので。仮に試験に合格しても即心理カウンセラーとしての仕事に入れるものではありません。ただ、学校教育にカウンセリングの視点を持っていきつつ、多種多様な活動をしていく事にこれは大きい助けになるものです。

 

心理カウンセラーを目指すのと同時に教育者としても幅を広げてみたい等の希望がある場合、この心理カウンセラー養成講座に挑戦してみるというのも一つの考えとしてありなのではないでしょうか。

 

資格取得の方法

 

教育カウンセラー養成講座を受講することから始まります。その中で行われる筆記試験を受験し、さらに審査を受けることで取得可能です。

 

 

 

 

 

 

>> 心理カウンセラーになる方法とは!! << 

関連ページ

臨床心理士とは
日本臨床心理士資格認定協会が認定しているもの。資格取得後も5年ごとに更新が必要です。
精神保健福祉士とは
福祉の現場の国家資格で、PSWと呼ばれている資格。
産業カウンセラーとは
産業カウンセラー協会認定の資格で、企業で働く人たちを対象に心の援助をするカウンセラーです。
認定心理士とは
日本心理学会が認定している資格で、心理学の基礎的な知識や技能を持っている証明
学校心理士とは
学校に通う子ども、保護者、教師などに対して、学校心理学の知識のもと、心理教育的な援助を行います。
認定カウンセラーとは
日本カウンセリング学会によって認定される資格です。
家族相談士とは
日本家族心理学会と日本家族カウンセリング協会が、家族に対する心理的援助の専門団体として設けられている資格です。
交流分析士とは
日本交流分析学会が認定する資格と、日本交流分析協会が認定する資格があります。
心理相談員とは
中央労働災害防止協会が認定している資格です。産業医の指示に従って相談を行います。
心理判定員とは
児童相談所や重症心身障害児施設などに配置されている人の資格で、地方公務員の仕事となります。
精神対話士とは
メンタルケア協会が認定している資格です。
認定カウンセラーになるには
心理カウンセラーになりたいという方にとって気になるのは、どのような勉強をしてどの資格を取れば良いかということではないでしょうか。
交流分析士になるには
心理カウンセラーといっても資格はいろいろ。その資格を一つずつ解説いたします。
家族相談士になるには
心理カウンセラーの資格の一つに、「家族相談士」といって、家族心理士・家族相談士資格認定機構により認定されるものがあります。
産業カウンセラーになるには
産業カウンセラーは心理カウンセラーに分類される資格の中では歴史の長いものであり、社会的な認知や信頼が得られているものの一つです。また必ずしも心理学を大学で履修している必要がないので